2014年12月22日月曜日

ザ・ライジング・サン

2014年12月22日 月曜日 21時

朔旦冬至 さくたんとうじ

新月重なり、朔旦冬至 19年に一度 

沖縄タイムス

太陽が昇っている時間が1年で最も短い冬至の22日は、旧暦の11月1日で月の満ち欠けが見えなくなる新月と重なり、19年に1度巡ってくる「朔旦(さくたん)冬至」となった。

 冬至は二十四節気の一つで太陽の高さが1年で最も低く、この日を境に昼が長くなっていく。


関連ランキング:パブ | 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅
































0 件のコメント:

コメントを投稿