2014年12月2日火曜日

ラ・タベルナ ロシア料理 ビーフストロガノフ

2014年12月2日

ビーフストロガノフとは

 ちなみにクックパッドでは466品のレシピがあり、
NAVERまとめには「男が歓喜するビーフストロガノフの作り方」がある。

 ウィキペディアによると、

「16世紀初頭にウラル地方で成功した貴族ストロガノフ家の家伝の一品であったとされるが、考案者と生まれた時代については諸説存在する」

そうです。

有名な説。

 年老いたアレクサンドル・セルゲーエヴィチは歯の多くが抜け落ち、好物のビーフステーキが食べられなくなってしまった。彼のために食べやすい大きさに切った牛肉を柔らかく煮込み、かつ牛肉の風味を生かした料理が考案された。

アレクサンドル・グリゴリエヴィチ・ストロガノフ(1795年 - 1891年)の時代に『開かれた食事会』(身なりを整えたものであれば、誰でも自由に食卓に着くことができた食事会。沼野充、沼野恭『ロシア』、p91)のために、コックが作ったものであり、グリゴリエヴィチの没後、料理を気に入ったオデッサの人間は彼を偲んで料理に「ストロガノフ」の名を付けたという。

 バターライスや白飯、パスタ、揚げたジャガイモと共に食される場合が多い。ストロガノフ家で提供されていたオリジナルのビーフストロガノフは、煮込みの前に肉をワインを加えた湯で蒸し、マッシュルームとケッパーを加えたものだったという。

関連ランキング:イタリアン | 麹町駅市ケ谷駅四ツ谷駅

















0 件のコメント:

コメントを投稿